読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサーOL、上から婚活

ころたん&ちよちゃん初めてのネット婚活

女の市場価値とペットショップ

こんばんは。
本日静かに36才を迎えました。
もはやアラフォーです、看板の偽り感が一層増した感があります。

さて、友人(独身女性)が一昨年、彼女が34才のときに突然ネコを飼い始めてからというもの、私はすっかりそのネコさんに骨抜きにされてまして、去年の秋には飼い主が旅に出てる間、7日間にわたりお世話したりしたおかげで「あ〜、ネコのいる生活はいいなぁ」と思い馳せていた訳で。

しかし、友人がネコを飼ったとき、自分のことを棚に上げながら思いました。「30過ぎてネコを飼う一人暮らし女子てイタくないか…?」、「ネコで生活が満たされることによって婚期を更に逃すのではないか…」と。

世間一般的に、ネコを飼う独身女性、特にその人が一人暮らしで30才を過ぎている場合「何かが終わっている」と見なされます。私もネコを飼いたいという相談をたくさんの人に投げかけてみましたが、親身になってくれる人たちは、口を揃えて「やめた方がいい」、「それをやったら終わりだ」、「40過ぎるまで待て(=まだ結婚を諦めるな)」など否定的な意見をくれました。ありがたいことです。

しかし、冷やかしで行ったはずのペットショップで出会ってしまったのです。運命の男性ではなく、運命のネコに…!(冷やかしで婚活パーティー行ってみたら、いい人に出会っちゃった的な?)
出会いから2ヶ月、迷った末に、今日、36才の誕生日に自分のお金で買いました。自らの自由気ままな生活を制限し、世間からの冷たい視線にも負けず、何より命を飼うと決めることは、結婚(したことないけど)よりも難しい決断でした。

で、本題ですがそのネコさん去年の12月28日に生まれてまして、最初に会った3月初旬は75万円(!)の値がついていました。かわいいけどとても買える金額じゃないなとスッパリ諦めました。でも何だか気になって3月下旬にまたそのペットショップに出向いたら「お店移動しましたー、今は36万円になってます」とのこと(売れないと移動するのですね、なんか切ない)。半額以下になっとる!!

その移動した先のお店はうちから遠くて会いに行けず、4月中旬にたまたま行った近所のお店で奇跡の再会!お値段は36万円のままでしたが、今日(4月下旬)行ったら、もう4ヶ月になるということで更に値下がりして30万円になってました(それでも高いけど)。

何が言いたいかと言いますと、ペットショップの犬やネコの市場価値は彼らが月齢を増すごとに下がる一方!悲しいけれどそれが実情、女性の婚活における市場価値と同じことが起きているのであります!!

月齢3〜4ヶ月の子猫にとっての1ヶ月は、人間にとって1年〜1年半。ネコにとっては1ヶ月ですが、人間だったら「32才が34才になってしまった!」みたいなもんです。(自分に甘い言い方をしてしまいました。正しくは「28才が30才になったら市場価値が半値以下に落ちた!」)

あー怖い、世の中の仕組みが怖い。

そんな怖い仕組みの中で値下がりしていくネコを、私は今日買いました。値下がりしてるもん同士、寄り添って生きていこうな、ネコ(名前検討中)。

婚活女子たちよ、私のしかばねを越えて行け!!

ころ