読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサーOL、上から婚活

ころたん&ちよちゃん初めてのネット婚活

プロポーズは突然に

こんばんは。

このタイトルを見て鈴木保奈美を思い出す人はもはやアラサーではありませんよ、気をつけて!

こんなブログを書きながら、婚活を怠っていた私ですが、先日、婚活とかすっ飛ばして求婚をしてしまいました。

前回宣言した通り、カジュアルに契約結婚を申し出たのです。お相手は別に付き合ったりもしていない、というか友人というレベルに至っているかどうかも不明な男性です。月イチくらいで2人で一緒にごはんは食べてる気はします。

いくらカジュアルとは言え、いくら契約結婚とは言え、プロポーズって大変な勇気を要するものですね。(プロポーズされた皆さん、相手は勇気を振り絞ってプロポーズしてますので、受け入れるにせよ断るにせよ真摯に答えてあげてくださいね。プロポーズ経験者からの切なるお願いです。)

まず、「次彼に会うときに”家族になろう”と提案をする!」と友人に宣言しておきました。おかげで本番の日にヒヨって求婚を延期してしまう自分に打ち克つことができました。宣言してなかったら確実にやめてました。穏やかな水面に一石を投じることはしない性格なんです、そもそも。

でも投げました、石。2人で食事中、会話がいい感じで弾んでたところに思い切って水を差しましたよ。「あの。提案があるんですけど…」と切り出す私。しかしその先が言えず沈黙。「…ん?」とにこやかに彼。

私「家族になるってのはどうでしょう?」

シーン

彼「………え?」

そりゃそうですよねー。プロポーズて普通は交際を経て行われる提案ですもんねー。友人以下の関係性で食事中に突然提案するアレじゃないですもんねー。

これ以上の沈黙を恐れた私は「じゃあ、家族になることのデメリットを挙げてもらえます??」と責めるような質問。「いや、デメリットとか言われても急過ぎて…」とまともな返答をする彼。何とかその場を取り繕おうと焦る女36歳。怖い。ハタから見ると怖い…!

せめてもの救いは、彼が小声で「…考えときます」と言ってくれたこと。あんた、優しいよ!ありがとよ!